曹洞宗岩手県宗務所

お知らせ
行事報告
宗務所案内
テレホン&WEB法話
年間行事予定
曹洞宗とは
坐禅のすすめ
あるがままに
主な年中行事
お問い合わせ
リンク
東日本大震災災害対策本部ボランティアセンター
曹洞宗岩手県宗務所
〒024-0103
岩手県北上市更木33-105
永昌寺内
電話 0197-81-6270
FAX 0197-81-6271

http://www.soto-iwa.jp/

ボランティアセンター活動日記

記事一覧

お茶っこサロン&マッサージ

アップロードファイル 33-1.jpgアップロードファイル 33-2.jpg

11月26日、釜石市甲子第七仮設住宅に於いて、定例のお茶っこサロンを開催致しました。
今回は、麻布十番ゆい整骨院の川上先生にお越しいただき、住民の皆様にマッサージをしていただきました。マッサージサービスは、今回で3回目となり、住民の皆さまも川上先生に慣れ親しんできて、とっても身体が楽になったと好評でした。
この日、引越をされるご家族がおられ、みなさま涙で見送られましたが、今後の復興住宅の建設や自身での移転など、仮設から次の生活への動きも見られる時期となってきたようにも思えます。

  • 2013年11月27日(水)12時00分

芋の子汁振る舞い!

アップロードファイル 32-1.jpgアップロードファイル 32-2.jpg

10月29日、山水会の皆様による炊き出しが、釜石市甲子第7仮設に於いておこなわれました。
秋も深まり寒さの増すなか、温かい芋の子汁とキノコごはんが住民の皆さんに振る舞われました。
恒例となった行事は、住民の皆さんとオニギリを握ったりと交流も深まり、普段サロンでお見かけしない方々もお顔を出してくれました。また、在宅と方全てに料理が振る舞われ、皆さんには沢山の笑顔を頂戴いたしました。

  • 2013年10月31日(木)10時39分

お買いものツアー開催

アップロードファイル 31-1.jpgアップロードファイル 31-2.jpgアップロードファイル 31-3.jpg

9月12日、第四教区青年会山水会様のご協力をいただき、甲子第7仮設住宅の皆様をお買いものツアーにご招待いたしました。
この日は、釜石よりバスで北上市までおいでいただき、NPO法人フォルダに於いて、楽しい体操をおこない、その後、ショッピングセンターPALでお買いものと昼食をとり、最後にスーパーオセンに立ち寄って、お買いものや日頃のストレスを発散していただきました。

体操では、簡単な体操ながらも汗をかいて、ショッピングでは、皆様終始笑顔でお店からお店へ歩いておられました。

  • 2013年09月12日(木)15時50分

仮設住宅 清掃活動

アップロードファイル 30-1.jpgアップロードファイル 30-2.jpgアップロードファイル 30-3.jpg

さる7月8日に釜石市甲子第七仮設住宅に於いて、住宅部屋内清掃、草刈り清掃活動をお茶っこサロンと併設しておこないました。
岩手県第四教区青年会 山水会の皆様が各部屋を廻り、エアコンと換気扇掃除を中心に、高齢者の皆様の手の届かない高所を念入りに掃除されました。

各部屋へ入れさせていただいての活動は、日頃のサロン活動に於いての心のふれ合いがあっての賜と思います。

今後も継続した支援活動を期待しております。

  • 2013年07月25日(木)12時56分

福島県視察

アップロードファイル 29-1.jpgアップロードファイル 29-2.jpgアップロードファイル 29-3.jpg

24日と25日の二日間。福島県へ現状視察へ行ってまいりました。
放射線被災により、飯館村や南相馬市などのゴーストタウン化した街並みや荒れ果てた畑を見るにつれ、本県とは違った被災状況の問題を抱えているのを思い知らされました。
しかし、福島市内に於いては、懸命の除染作業が進められ、自治体の担当者様より、詳しい除染状況をお伺いすることが出来ました。
今、福島では的確な除染作業がすすめられ、農作物に於いても厳しいモニタリングがおこなわれており、安全な場所であり、安心して食べられるものを出荷しているということを確認してまいりました。
百聞は一見にしかず。まさに、本当の姿を目の当たりにし、安全な福島を再確認することが出来ましたことをここにご報告させていただきます。
立場や状況は異なりますが、岩手のみならず、福島、宮城共に復興のための一助とならんことを祈念いたします。

  • 2013年04月26日(金)13時12分

水光園へバス遠足!

アップロードファイル 28-1.jpgアップロードファイル 28-2.jpgアップロードファイル 28-3.jpg

4月16日、春の陽気の中、ボランティアセンター主催のバス遠足がおこなわれました。
釜石市甲子第七仮設住宅の皆様を遠野市水光園へお連れし、散策や温泉を満喫していただきました。
第四教区青年会山水会のご協力のもと、16名の皆様を引率していただきました。
広々とした庭園の散歩や大きなお風呂を満喫し、普段伸ばせない手足を思いっきり伸ばされ、終始笑顔のみなさん。女子会や男子会にもなり、ゆっくりくつろがれた様子でした。
ボランティアセンターと致しましても、サロン活動や遠足活動を継続して支援してまいります。県内外の僧侶の皆様よりお声をいたきながら、被災地へ向き合った支援を心掛けたいと思います。
活動支援のご要望は、当ボランティアセンターまでご連絡ください。

  • 2013年04月18日(木)10時11分

たこ焼きサロン開催

アップロードファイル 27-1.jpgアップロードファイル 27-2.jpg

1月22日(火)
岩手県第4教区青年会山水会のみなさんが、釜石市甲子第7仮設住宅の談話室にて、「お茶っこサロン」ならぬ「たこ焼きサロン」を開催致しました。
サロンに参加のみなさんも、一緒にたこ焼きを作り、楽しいひと時を過ごしました。この日は、釜石でも雪の降りしきる寒い日。心も体も温まる一日となりました。

  • 2013年01月22日(火)17時26分

県婦人会よりマフラー支援

アップロードファイル 26-1.jpgアップロードファイル 26-2.jpgアップロードファイル 26-3.jpg

平成24年12月14日に、曹洞宗岩手県婦人会より、被災地御寺院等に対して、手編みのマフラーをお届け致しました。
このマフラーは、九州管区婦人会、佐賀県婦人会、島根第二婦人会の皆様より届けられたマフラーです。一つ一つ手で編まれたマフラーは、冬の岩手に暖かな温もりを届けてくれました。
このマフラーは、被災地の御寺院等に配布され、この日は、岩手県婦人会を代表し、宇津野会長と塩竃事務局長が、吉里吉里の吉祥寺様の案内で、仮設住宅の皆様へ直接お届けし、お話しを伺いました。

  • 2012年12月20日(木)15時00分

芋の子汁炊き出しボランティア

アップロードファイル 25-1.jpgアップロードファイル 25-2.jpgアップロードファイル 25-3.jpg

11月19日、釜石市大畑西仮設住宅に於いて、芋の子汁の炊き出しボランティアがおこなわれました。
岩手県第4教区青年会と第10教区青年会のみなさんで、芋の子汁と北上コロッケ100個、さらには松茸ご飯おにぎりを100個つくり、住民の皆様に振る舞いました。
とくに、おにぎり作りでは、住民の皆様にもお手伝いいただき、美味しいお昼ご飯もご一緒させていただきました。

  • 2012年11月21日(水)11時54分

仮設住宅のみなさまを紅葉まつりへ

アップロードファイル 24-1.jpgアップロードファイル 24-2.jpgアップロードファイル 24-3.jpg

秋晴れの空広がる、10月8日の体育の日。
定期的に「お茶っこサロン」をおこなっている、釜石市甲子第7仮設住宅の皆様を、北上市夏油高原にて行われた、紅葉まつりへご招待いたしました。
普段、外出することの少ない皆様は、初めて見る山の姿に驚き、ゴンドラ遊覧をして山頂からの素晴らしい眺めを堪能しました。
その後、屋台やイベントを楽しんだ後、展望露天温泉で普段の疲れを癒していただきました。皆さん笑顔いっぱいでお帰りになりました。
次の日も、お茶っこサロンを開催しましたが、この日の話で持ちきりとなりました。

  • 2012年10月10日(水)14時53分
Web Diary

Copyright (c) 曹洞宗岩手県総務所 All rights reserved.