曹洞宗岩手県宗務所

お知らせ
行事報告
宗務所案内
テレホン&WEB法話
年間行事予定
曹洞宗とは
坐禅のすすめ
あるがままに
主な年中行事
お問い合わせ
リンク
東日本大震災災害対策本部ボランティアセンター
曹洞宗岩手県宗務所
〒024-0103
岩手県北上市更木33-105
永昌寺内
電話 0197-81-6270
FAX 0197-81-6271

http://www.soto-iwa.jp/

曹洞宗岩手県宗務所 行事報告

記事一覧

宗務所人権研修会 ~東北新生園~

アップロードファイル 54-1.jpgアップロードファイル 54-2.jpgアップロードファイル 54-3.jpg

5月16日(金)に、岩手県宗務所主催人権啓発研修会が開催されました。
各教区長および布教教化員と宗務所職員で、東北新生園を訪ね、ハンセン病患者と当時政府の対応、そして施設内での現況を視察し、施設内の方よりお話を頂き研修をさせていただきました。
最後に、物故者供養を執り行ない施設をあとにしました。
言われのない迫害を受け、施設へ入居された患者さんたちのご苦労とその歴史を垣間見ることができ、更には現状において施設と周辺地域との繋がりを深める活動が活発になってきていることを知ることが出来ました。

  • 2014年06月23日(月)14時09分

梅花流検定会開催

アップロードファイル 53-1.jpgアップロードファイル 53-2.jpgアップロードファイル 53-3.jpg

さる2月27日、花巻市ホテル千秋閣に於いて、梅花流岩手県宗務所検定会が開催されました、昨年にも増し約300名の講員の皆様が受験されました。
緊張した面持ちの中、日頃の成果を発揮され検定に挑まれておりました。待合室大広間では、お仲間での最後の練習に勤しんでおられた光景があり、県内の梅花流の盛大さが伺われました。

  • 2014年02月28日(金)13時27分

宗務所梅花講習会開催

アップロードファイル 52-1.jpgアップロードファイル 52-2.jpgアップロードファイル 52-3.jpg

平成26年1月21日~22日、宗務所梅花指導者養成所並びに検定一カ月前講習会(22日のみ)が開催されました。
僧侶、寺族の皆様も、今年度終盤の講習ということで、大分熟達してきて更に真剣身が増したように感じられます。
そして、22日は検定一カ月前ということで、303名の講員の方々が参加され、各級会に分かれて課題曲と中心に練習なさいました。やはり検定が控えていることもあってか、講師の先生の熱弁に参加者一同真剣な眼差しでノートを取っておられるのが印象的でした。
2月の検定では、全員の合格を祈念申し上げます。

  • 2014年01月24日(金)14時25分

梅花流檀信徒上級者講習開催

アップロードファイル 51-1.jpgアップロードファイル 51-2.jpg

11月18日、19日に花巻市ホテル千秋閣に於いて、梅花流指導者養成所初心者講習第7回目と梅花流檀信徒上級者講習が開催されました。
講師には、齋藤弘顕師(初級)、鈴木道将師(初級)、江刺秀一師(上級)、長嶋建央師(上級)、葛法雄師(上級)が担当され、約50名の寺族さん、講員さんが参加され熱心に講習を受けられました。

  • 2013年12月11日(水)13時09分

平成25年度布教教化大会開催

アップロードファイル 50-1.jpgアップロードファイル 50-2.jpgアップロードファイル 50-3.jpg

10月28日、北上市ホテルシティプラザ北上に於いて、布教教化大会が開催されました。
講師には、岩手県精神保健福祉センター所長の黒澤美枝先生をお迎えして、約40名の県内僧侶とご寺族が参加されました。
第一部では、「知っておきたい精神保健の知識」を題し、心のケアについての講義をいただき、第二部では、ワークショップとして6班にわかれて事例検討をし発表をおこないました。
黒澤先生の綿密な資料と丁寧なお話しに、参加された皆様が熱意をもって臨んでおられ、ワークショップでも積極的な意見交換がなされました。また、先生の全ての意見を褒め称える姿勢に、心のケアの本髄をみることが出来たように思います。

  • 2013年10月29日(火)11時21分

平成25年度婦人会研修会開催

アップロードファイル 49-1.jpgアップロードファイル 49-2.jpgアップロードファイル 49-3.jpg

10月17日、一関市龍澤寺様に於いて、岩手県婦人会研修会が開催されました。当日は台風が過ぎた気持ちの良い秋晴れの中での開催となりました。
講演には、北上市永昌寺副住職 海野義範師による講話「支えられて」を、師自身の日体大時代の体験と箱根駅伝のエピソードを交え、喜びあう、支えあうというお話しに皆さま聞き入っておられました。
コンサートでは、地元でご活躍の、千葉久恵様(ボーカル)、岡淳様(サックス)、古川大様(ピアノ)の3名により、素敵な歌と演奏をしていただきました。潮騒のメモリーなどテレビに馴染みのある歌に、皆様聞き惚れていらっしゃいました。

  • 2013年10月29日(火)11時11分

梅花流全国奉詠大会に岩手県宗務所梅花講が登壇しました

アップロードファイル 48-1.jpgアップロードファイル 48-2.jpgアップロードファイル 48-3.jpg

平成25年度梅花流全国奉詠大会が、5月29日~30日に宮城県利府町グランディ21を会場に開催されました。
29日には、岩手県梅花講約1000名の講員さんが参加され、岩手県の登壇に於いては、「道心利行御和讃」を荘厳に奉詠致しました。登壇された中には、東日本大震災被災者の方々もおられますが、この全国大会の為に方丈様と一生懸命練習されてこられました。この登壇奉詠が復興の第一歩となることを深く願います。
この日は、6000名の参加者が全国から集まり、各県宗務所の登壇後には、東日本大震災物故者慰霊三回忌法要を厳修し、さらには宮城県の誇るさとう宗幸さんのミニコンサートが催され大いに盛り上がりました。
また、会場では、岩手県被災寺院への復興支援のために、復興祈願バッジを販売し、沢山のお志をいただきました。

  • 2013年05月30日(木)10時50分

平成25年度東北管区宗務所役職員連絡協議会

アップロードファイル 47-1.jpgアップロードファイル 47-2.jpgアップロードファイル 47-3.jpg

5月20日、秋田市ビューホテルに於いて、平成25年度宗務所役職員連絡協議会が開催されました。
決算、予算案の協議に引き続き、記念講演として「どうなる日本~リーダーはどうあるべきか」とう演題で、読売新聞特別編集委員である橋本五郎氏の講演がありました。
長年に渡り、首相担当の記者として政界の取材をなさった目線から、日本のリーダーのあり方と、今後の日本の地方のあり方をお話しされました。
かつての総理大臣には、「こころ」があったこと。今の日本には、地方に暮らすご老人が沢山おられ、この方々の気持ちを理解しなくては、今後の日本はありえない。という内容が、地方に住む僧侶として、地方宗務所として、さらには復興支援のために通じるお話しであるように思えました。
夜には竿灯の披露もあり、東北管区として一丸となる、充実した研修協議会となりました。

  • 2013年05月22日(水)11時05分

東日本大震災被災物故者三回忌法要厳修

アップロードファイル 46-1.jpgアップロードファイル 46-2.jpgアップロードファイル 46-3.jpg

東日本大震災より2年1ヶ月となる4月10日と11日の二日間。岩手県沿岸地区四か所に於いて曹洞宗岩手県宗務所主催東日本大震災被災物故者三回忌慰霊法要が執り行われました。
10日には、陸前高田市普門寺様と釜石市石応寺様を会場に、11日には、野田村海蔵院様と山田町龍泉寺様を会場に、それぞれ13時より三回忌法要、復興祈願法要、法話を開催し近隣のみなさまの沢山のご参列をいただきました。
法話後に帰られるご参列の皆様が笑顔で帰られのを拝見し、本宗務所と致しましても、今後もみなさまと寄り添いながら支援をさせていただければと決意する法要となりました。

  • 2013年04月12日(金)13時24分

平成24年度檀信徒地方研修会

アップロードファイル 45-1.jpgアップロードファイル 45-2.jpgアップロードファイル 45-3.jpg

2月20日より21日までの二日間、花巻市ホテル千秋閣に於いて檀信徒地方研修会が開催されました。
79名の県内檀信徒の皆様が、講師の方のお話しに耳を傾け、曹洞宗檀信徒としての研鑽を積まれました。
「梅花に親しむ」では、岩舘老師の四攝法のお話しから、正法御和讃を唱え、信仰心を深め。福島原発の現状を楠老師より伺い、岩手県以外の被災状況を伺えたことは今後の我々の生き方を考えさせられる講義となりました。
二日目には、復元納棺師の笹原さんのお話しを伺い、東日本大震災で尽力された復元師の活躍。遺族と向き合う大切さ、亡くなられた方の思いを汲むことの大切さを伺うことが出来ました。

講義①
「梅花に親しむ」
龍岩寺住職 岩舘尚文 老師

講義②
福島県宗務所人権擁護推進主事
楠 俊道 老師

講義③
復元納棺師 笹原留以子 先生

  • 2013年02月21日(木)10時10分
Web Diary

Copyright (c) 曹洞宗岩手県宗務所 All rights reserved.